• トップ /
  • 決まった文を書くのがビジネス?

ビジネス文章の応用

決まった文を書くのがビジネス?

ビジネスだから応用のある文章を

相手に簡潔にそして明確にビジネスについての内容を伝えたい時の文章は、ほとんどといっていいほど定型文で決まっているのではないでしょうか。もちろんそれはそれでいいのですが、誰もがそれでは客観的すぎて、目新しさがなく、かえってきちんと読んでもらえない可能性もあります。かといって奇抜なものを書いて相手の反応をみても仕方がありません。相手にとって非常に読みやすく、なおかつわかりやすい文章を書くためにはどうしたらいいのでしょうか。ビジネスにおいて、基本的な定型文をマスターした後は、自分でどの部分を応用すればよいのかを常に研鑽しなければなりません。会社によってそれぞれ使い分けていくと効果的です。たとえば、短い文を好む会社ならば、それなりの文章が必要ですし、理論立ててしっかりと説明しなければいけない会社ならば、そのようにしなければなりません。その会社の好むのが何かを把握しているからこそ出来る効用力だと考えます。つまり典型的な文章を書くのとは違い、その相手の好みに対応した応用のある文章を書いていかなければいけないのです。その応用力のあるものが、結果としてビジネスの世界で、成功すると考えてもいいでしょう。

ビジネスの凄い情報

↑PAGE TOP