• トップ

ビジネス形式の文章

ビジネスの文章を知らないと損

ビジネスの文章は形式を覚える

ビジネスの場では、依頼文や企画書、礼状などいろいろなものを作成しなければなりません。テンプレートがあり、それに従って作成すればいい場合やワードのあいさつ文の挿入機能などを使えばいい場合も、もちろんあります。ただ、基礎となる文章のルール、例えば「ご隆盛」なのか「ご清栄」なのか、「貴社」「貴所」「貴会」の何を選ぶかなどを知っておかないと便利な機能も使いこなせません。一見、難しそうに思えるこれらのビジネス用語も基礎となる文章のポイントをおさえていればそう難しいものではありません。各種解説本を利用する方法もありますが、ビジネスマナーやビジネス文書の検定試験を利用するのも一つの手です。2級以上なら履歴書に書くこともできるので、目標をもちながら、学び、それが習得できているかどうかの自己確認にもつながります。用語だけでなく文章の文体も普段の話し言葉とは違いますし、同じ書き言葉であっても書面にするのとメールとではまた異なる部分があります。そういった違いをマスターするのも大事なことです。特にメールでは簡潔さと失礼のなさの両方が求められます。メールに慣れた若い世代の人にとってはメールは簡単だと思いがちですが、意外な落とし穴があるものです。基礎となるルールを抑え、失礼のないできるビジネスマンになりたいものです。

ビジネスの凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP